種類が多く、シーンによって選べる引き戸

引き戸は、横にスライドして開閉させる建具で、襖や障子にて活用されていた日本人にとって身近なスタイルですが、もともとは和室や狭いスペースで開き戸を設置できない、間仕切りの建具として利用されていましたが、引き戸のスタイルは見直しされていて、和洋関わらずに利用されています。引き戸の種類がありますが、設置方法はレールがあるタイプと床面がフラットになるレールがない上吊タイプがあります。レールにも敷居と設けるタイプと床面に段差の少ないタイプに分ける事ができ、床面がフラットなタイプの場合には出入りが楽で車いすの場合であってもスムーズに通る事ができ、躓いてしまう心配もないです。また、レールがない場合には床面に広がりが生まれにくく、ゴミが溜まりにくいので掃除がしやすいです。扉の素材には樹脂シートの仕上げや突き板仕上げなどの木質系やアルミなどの金属系などの商品もあり、天井まで高さがあるものもあり、壁に馴染んで広々としたスペースにする事ができ、シンプルなデザインや自然を感じる素材感があるものや、スリットや格子などの採光部を設けたものなど、シーンに合うものを選ぶ事ができます。

間取りを変更する事も可能な引き戸のパーテーション

夫婦二人の寝室にベッドとベッドの間に引き戸式のパーテーションを取り付けるリフォームを行うと開いておけば夫婦の部屋として、閉めれば2つの個室となって夫婦で別の部屋としてそれぞれの時間を楽しむ事が可能です。天井までの大型の上吊りの引き戸を使えば動く壁となって、床にレールがないので、開けておけばスッキリとしたスペースとして利用する事ができます。素材も樹脂パネルやガラスを使う事ができ、透明や半透明のパーテーションを利用すると圧迫感を感じる事なく閉めていても光が入る明るい部屋になります。生活スタイルに間取りを変えれば便利に快適に暮らし続けますが、スタイルの変更のたびに壁を作ったり壁を壊したりするのは大変なので、パーテーションを利用すればスタイルに合わせて自由に部屋の間取りを変える事が可能です。急な来客の時などでも、さっとパーテーションを引いたら見せたくないものを隠せるという事も可能です。

今の引き戸は和モダンのデザインにピッタリ

住宅の扉といえば、一昔前までは開き戸が一般的でした。建築デザインが洋風に傾いていたことから、住宅のなかでは、客間としての和室が一室しか設けられないことがほとんどで、他の洋風インテリアの部屋に引き戸がマッチしなかったからです。ところが、最近の建築では、和モダンという要素が取り入れられるようになり、また引き戸自体のデザインも昔のそれと違い、洋間に合わせてもまったく不自然でないクオリティの高いものになっています。引き戸は開き戸に比べて気密性が低く、また開け閉めの音が大きいというのが欠点でしたが、今では扉の構造が大きく変わり、隙間がほとんどなく、ローラーも静音であるためほとんど気にならなくなりました。動線的にも人とぶつかるということがなく、部屋間の移動もスムースで特に高齢者のいる世帯には特におすすめです。